京都大学 国際高等教育院附属データ科学イノベーション教育研究センター

075-753-9691075-753-9691 お問い合せお問い合せ

京都大学 国際高等教育院附属データ科学イノベーション教育研究センター

MENU

林 和則

氏名 林 和則
職名 教授(情報学研究科 併任)
Email hayashi.kazunori.4w [at] kyoto-u.ac.jp
個人サイトアドレス https://kazunorihayashi.github.io
研究分野 物理・工学などの様々なシステムに現れる諸問題に対する数理モデルの構成法と解析、および実際的な応用に必要となる有効なアルゴリズムについて、確率・統計的なアプローチによる研究を行っている。具体的には、観測された生の信号やデータから有益な情報を抽出するための方法論を体系化した統計的信号処理を武器に、無線通信システムなどの情報通信システムをはじめ、時系列解析や画像処理など幅広い分野の問題に取り組んでいる。
略歴 2002年5月 京都大学大学院情報学研究科 助手
2007年4月 京都大学大学院情報学研究科 助教
2009年4月 京都大学大学院情報学研究科 准教授
2017年4月 大阪市立大学大学院工学研究科 教授
2020年4月 京都大学国際高等教育院附属データ科学イノベーション教育研究センター 教授
現在に至る
代表的な論文等 R. Hayakawa and K. Hayashi, "Discreteness-Aware Approximate Message Passing for Discrete-Valued Vector Reconstruction," IEEE Transactions on Signal Processing, vol. 66, no. 24, pp. 6443-6457, Dec. 2018, DOI: 10.1109/TSP.2018.2877170.

R. Hayakawa and K. Hayashi, "Convex Optimization Based Signal Detection for Massive Overloaded MIMO Systems," IEEE Transactions on Wireless Communications, Vol. 16, No. 11, pp. 7080-7091, Nov. 2017, DOI 10.1109/TWC.2017.2739140.

H. Sasahara, K. Hayashi, and M. Nagahara, "Multiuser Detection based on MAP Estimation with Sum-of-Absolute-Values Relaxation," IEEE Transactions on Signal Processing, Vol.65, No. 21, pp. 5621-5634, Nov. 2017, DOI 10.1109/TSP.2017.2740164.

M. Kaneko, K. Hayashi, and H. Sakai, "Superposition Coding based User Combining Schemes for Non-Orthogonal Scheduling in a Wireless Relay System," IEEE Transactions on Wireless Communications , Vol. 13, No. 6, pp. 3232-3243, June 2014, DOI: 10.1109/TWC.2014.042114.130419.

Kazunori Hayashi, Masaaki Nagahara, Toshiyuki Tanaka, "A User's Guide to Compressed Sensing for Communications Systems," IEICE Transactions on Communications, Vol. E96-B, No. 03, pp.685-712, Mar. 2013, DOI:10.1587/transcom.E96.B.685.