京都大学 国際高等教育院附属データ科学イノベーション教育研究センター

075-753-9691075-753-9691 お問い合せお問い合せ

京都大学 国際高等教育院附属データ科学イノベーション教育研究センター

MENU

木村 里子

氏名 木村 里子
職名 特定講師(農学研究科 兼任)
Email kimura.satoko.8r [at] kyoto-u.ac.jp
個人サイトアドレス http://satoko-kimura.sakura.ne.jp/
研究分野 水中生物音響学、生態学、生物学

水中の高次捕食者である小型鯨類(イルカ類)などを対象とし、水棲生物を定量的に観察する手法の開発および手法を用いた生態解明に取り組んでいる。生物が発する音を利用した受動的音響観察手法、動物に直接機材を装着して行動データを得るバイオロギング手法などを用い、対象生物の発っする音の特性や発声行動を調べたり、対象生物が「いつ、どこに、どのくらいいるのか」という基礎的な生態情報を明らかにしたりしている。また、沿岸における船舶航行や洋上風力発電などの騒音が生物や環境に与える影響評価(環境アセスメント)、飼育施設などにおける生物のストレス評価も行っている。
略歴 2009年4月-2011年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC1)
2011年4月-2012年3月
同 PDに資格変更

2010年5月-2010年10月
日本学術振興会 優秀若手研究者海外派遣事業
デンマーク、Fjord&Baelt研究センターに滞在

2012年4月-2015年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
名古屋大学大学院 環境学研究科 依田研究室所属

2012年5月-2012年9月
2013年4月-2013年9月
2014年4月-2014年9月
愛知教育大学非常勤講師

2015年4月-2017年8月
京都大学フィールド科学教育研究センター海洋生物環境学分野 特定研究員

2017年9月-現在
京都大学国際高等教育院附属データ科学イノベーション教育研究センター 特定講師
 同 農学研究科 兼担
代表的な論文等 「音の数から個体数を推定する」p142-145 日本バイオロギング研究会編.
バイオロギング2-動物たちの知られざる姿を探る,京都通信社(分担執筆).2016

木村里子ら.「洋上風力発電が海洋生態系に及ぼす影響の評価手法:小型鯨類の音響調査について」. 海洋理工学会誌. 21(2). 31-35. 2015

赤松友成, 木村里子. 「海棲哺乳類の保全・管理のための調査・解析手法【4】音響」. 海洋と生物. 226, 570-577. 2016

Kimura Satoko, et al
"Variation in the production rate of biosonar signals in freshwater porpoises."
Journal of Acoustic Society of America. 133(5), p3128-3134. 2013

Kimura Satoko, et al
"Seasonal change in the local distribution of Yangtze finless
porpoises related to fish presence."
Marine Mammal Science. 28(2), p308-324. 2012


Kimura Satoko, et al
"Density estimation of Yangtze finless porpoises using passive
acoustic sensors and automated click train detection."
Journal of Acoustic Society of America. 128, p1435-1445. 2010

Kimura Satoko, et al
"Comparison of stationary acoustic monitoring and visual observation
of finless porpoises."
Journal of Acoustic Society of America. 125, p547-553. 2009