京都大学 国際高等教育院附属データ科学イノベーション教育研究センター

075-753-9691075-753-9691 お問い合せお問い合せ

京都大学 国際高等教育院附属データ科学イノベーション教育研究センター

MENU

田村 寛

氏名 田村 寛
職名 特定教授(医学研究科 兼任)
Email htamura [at] kuhp.kyoto-u.ac.jp
個人サイトアドレス http://www.ophthalmol.kuhp.kyoto-u.ac.jp/staff/tamura.html
研究分野 ・画像情報や遺伝情報も含む臨床データを活用した疫学研究
主に眼科領域での観察研究を主体とした臨床研究で、発展著しいマルチマダリティーな画像情報や遺伝情報を組み合わせ、病態解明・予後予測につなげる研究に約20年に従事。
・ナショナル・データ・ベース(NDB)を含むレセプトデータやEHRシステムを活用した疫学研究
平成25年閣議決定の日本再興戦略で掲げられているデータヘルス計画の中核を担う、レセプトデータの二次活用やEHRシステムで集積されたデータを用いた疫学研究にも積極的に関与。
・病院経営改善を指向した病院情報システムの改善、新システムの実装や情報の利活用に関する研究
病院経営改善計画の中で、病院情報システムの改修・改善・二次活用は重要性が増しており、IoTや人工知能などの新しい技術を実務に取り入れるための課題の整理・実装検証に関する研究にも従事。
略歴 1998年   京都大学医学部卒業
1998年5月  神戸市立中央市民病院眼科研修医
2000年4月  同上 眼科専攻医
2002年4月 京都大学大学院医学研究科入学
2005年7月 同上          中途退学
2005年8月 京都大学医学部附属病院黄斑疾患治療センター助教
2006年11月 京都大学大学院 博士(医学) 授与
2008年2月 京都大学医学部附属病院診療報酬業務センター特定病院助教
2012年4月 京都大学医学部附属病院診療報酬センター助教
2013年11月 ハーバード大学公衆衛生大学院 修士(疫学) 授与
2013年12月 京都大学医学部附属病院医療情報企画部准教授
2017年8月 京都大学国際高等教育院附属データ科学イノベーション教育研究センター特定教授
現在に至る
代表的な論文等 Sakai-Bizmark R, Goto R, Hiragi S, Tamura H.
Influence of Japan's 2004 postgraduate training on ophthalmologist location choice, supply and distribution.
BMC Med Educ. 2018 Mar 27;18(1):49. doi: 10.1186/s12909-018-1147-9.

Hiragi S, Yamada H, Tsukamoto T, Yoshida K, Kondo N, Matsubara T, Yanagita M, Tamura H, Kuroda T.
Acetaminophen administration and the risk of acute kidney injury: a self-controlled case series study.
Clin Epidemiol. 2018 Mar 6;10:265-276. doi: 10.2147/CLEP.S158110. eCollection 2018.

El Helou S, Karvonen T, Yamamoto G, Kume N, Kobayashi S, Kondo E, Hiragi S, Okamoto K, Tamura H, Kuroda T.
Generation of openEHR Test Datasets for Benchmarking.
Stud Health Technol Inform. 2017;245:1266.

Rodrigues IA, Sprinkhuizen SM, Barthelmes D, Blumenkranz M, Cheung G, Haller J, Johnston R, Kim R, Klaver C, McKibbin M, Ngah NF, Pershing S, Shankar D, Tamura H, Tufail A, Weng CY, Westborg I, Yelf C, Yoshimura N, Gillies MC.
Defining a Minimum Set of Standardized Patient-centered Outcome Measures for Macular Degeneration.
Am J Ophthalmol. 2016 Apr 27. pii: S0002-9394(16)30182-9. doi: 10.1016/j.ajo.2016.04.012. [Epub ahead of print]PMID: 27131774

Tamura H, Goto R, Akune Y, Hiratsuka Y, Hiragi, S, Yamada M.
The clinical effectiveness and cost-effectiveness of screening for age-related macular degeneration in Japan: A Markov modeling study.
PLoS ONE. 2015 10(7): e0133628. doi:10.1371/journal.pone.0133628

Tamura H, Tsujikawa A, Yamashiro K, Akagi-Kurashige Y, Nakata I, Nakanishi H, Hayashi H, Ooto S, Otani A, Yoshimura N.
Association of ARMS2 Genotype with Bilateral Involvement of Exudative Age-Related Macular Degeneration
Am J Ophthalmol. 2012 Sep;154(3):542-548.e1. doi: 10.1016/j.ajo.2012.03.042. Epub 2012 Jul 17.

Tamura H, Tsujikawa A, Otani A, Gotoh N, Sasahara M, Kameda T, Iwama D, Yodoi Y, Mandai M, Yoshimura N.
Polypoidal choroidal vasculopathy appearing as classic choroidal neovascularisation on fluorescein angiography.
Br J Ophthalmol. 2007 Sep;91(9):1152-9. Epub 2007 Feb 21. Erratum in: Br J Ophthalmol. 2007 Nov;91(11):1572. DOI: 10.1136/bjo.2006.112318

Tamura H, Kiryu J, Miyamoto K, Nishijima K, Katsuta H, Miyahara S, Hirose F, Honda Y, and Yoshimura N.
In vivo evaluation of ocular inflammatory responses in experimental diabetes.
Br J Ophthalmol. 89(8):1052-7, 2005. DOI: 10.1136/bjo.2004.061929

Tamura H, Miyamoto K, Kiryu J, Miyahara S, Katsuta H, Hirose F, Musashi K, Yoshimura N. 
Intravitreal injection of corticosteroid attenuates leukostasis and vascular leakage in experimental diabetic retina.
Invest Ophthalmol Vis Sci. 46(4):1440-1444, 2005. DOI: 10.1167/iovs.04-0905