データサイエンススクール 31

京都大学 国際高等教育院 附属データ科学イノベーション教育研究センター

データサイエンススクール 31

PBL(NDBオンサイトリサーチセンター京都):保健医療ビッグデータを用いた研究を読み解く

スケジュール

会場:京都経済センター 会議室 4階 4-F(「SUINA 室町」4 階)

2019年10月27日(日)
10:15 ~受付
10:30 ~ 18:00PBL(NDBオンサイトリサーチセンター京都):保健医療ビッグデータを用いた研究を読み解く
加藤 源太(京都大学 医学部附属病院 診療報酬センター 准教授)

セミナー内容

PBL(NDBオンサイトリサーチセンター京都):保健医療ビッグデータを用いた研究を読み解く

6月でのデータサイエンススクール「データを活用した行政の意思決定過程からまなぶ」では、政策も含めた意思決定には、データに基づく判断がエビデンス・ベースド・ポリシーとしてすでに定着しつつあることを学んだ。一方で、個々の患者の事例の積み上げから成り立つ医療現場と、全体の利益の最大化を目指す厚生労働行政とで、同じデータを見る際の視点の違いも認識を深めた。

今回のデータサイエンススクール31「保健医療ビッグデータを用いた研究を読み解く」では、こうした政策決定にもつながる保健医療ビッグデータを用いた研究の課題や現状、成果について学び、その上でこうした研究遂行の基盤のひとつであるNDBデータを中心に、個別の研究を通じた様々な課題を討論し、その解決の糸口を探ることで、エビデンス・ベースド・ポリシーやエビデンス・ベースド・メディスンへの理解を深める。

講師情報

加藤 源太(京都大学 医学部附属病院 診療報酬センター 准教授)

1998年京都大学医学部卒業. 2009年京都大学大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学. 博士 (文学). 同年京都大学医学部附属病院医員 (初期診療・救急科), 2010年同病院特任助教. 2011年厚生労働省保険局医療課長補佐. 2014年京都大学医学部附属病院診療報酬センター准教授, 現在に至る. 保健医療制度, 医療社会学に関する研究に従事. 日本救急医学会, 日本医療情報学会, 日本社会学会, 日本公衆衛生学会, 日本医療・病院管理学会等に所属.

アクセス

その他

当日はノートPCは不要ですが、筆記具をお持ちください。

会場は京都大学構内ではありませんのでご注意ください。

受講お申込み

こちらのDoorkeeperのページよりお申し込みください.

同時期に開催される他のスクールの情報は以下のページを御覧ください。


データサイエンススクール2019 -October-

過去のスクールに関しては、こちらを御覧ください。

京都大学 国際高等教育院附属データ科学イノベーション教育研究センター

〒606-8315 京都市左京区吉田近衛町69 近衛館202, 301, 302号室

TEL. 075-753-9691

E-mail:contact@ds.k.kyoto-u.ac.jp